rurumu: 20AW sacredness fence emb tunic khaki

rurumu: 20AW sacredness fence emb tunic khaki

販売価格: 61,600円(税込)

希望小売価格: 61,600円

在庫なし
※現在rurumu:のアイテムは大変人気でお問い合わせも多く在庫も少ない為、一方的なキャンセル防止の為にお支払い方法をクレジット決済、Amazon Payのみと限定させて頂きます。また、注文が入った日にクレジット決済のお支払い確認が出来ない場合はいかなる場合も自動キャンセルと致します。ご了承の上、ご注文下さい。もしキャンセル後に振り込まれた場合はこちらの振込手数料を差し引いた金額を振込で返金致します。

harune氏の刺繍が、裾、袖にデザインされたチュニック
サテン地の光沢感など上品に着ていただけます
腰の紐はリボンのように着たり、たらしたりなどいろいろな着まわしができるアイテムです

boys in the bandの他のセレクトアイテムと着合わせしても可愛いアイテムです

[size]
free
着丈:82cm
身幅:54cm
肩幅:41cm
袖丈:57cm
袖幅:18.5cm
袖口:32cm
裾巾:118cm

『rurumu:』
一点もののハンドメイドニットを展開する「縷縷夢兎(るるむう)」を手掛ける東佳苗が、ハンドメイドから量産アイテムまでを扱う新ブランド「ルルムウ(rurumu:)」を2019年春夏に立ち上げた。

1989年福岡生まれの東は、学生時代に縷縷夢兎をスタートさせ、文化服装学院ニットデザイン科を卒業後はアーティストやアイドルの衣装デザイン、アートディレクター、空間演出といった様々な分野で活動。2015年には初監督作品「ヘビーシャビーガール」を公開するなど、映像作品も手掛けている。

縷縷夢兎はこれまで、女の子の"今"をデザインに落とし込んだ一点もののニットを不定期で開催される個展で販売してきた。一方でブランドを継続していくうちに、SNSではアイテム自体よりもイメージが先行して拡散されていくことを実感したという東は「実際に着てくれる人にもっとアイテムを届けたい」と考えるようになり、新ブランドの立ち上げに至ったという。
「大人になり振り返ってみると、青春は幻だったのでは」と感じたことがきっかけで採用したというファーストコレクションのテーマは、架空の青春を意味する「Fictional Youth」。幻かもしれないという点が新ブランドのイメージに合うとして、ブランドロゴにはうさぎの体に角が生えているUMA(未確認生物)のジャッカロープを採用した。

コレクションでは、縷縷夢兎の世界観とクオリティを担保するため新潟の工場と何度もサンプルチェックを繰り替えし、自身初の量産でありながらもデザインへのこだわりを追求。

Facebookコメント