マギアレーナ Magi-Arena

マギアレーナ Magi-Arena

販売価格: 3,300円(税込)

希望小売価格: 3,300円

数量:
【マギアレーナ Magi-Arena】

デザイン:カナイセイジ
発売日:2014年11月29日
サイズ:L122mmm × W122mm × H32mm
対象年齢:10歳以上
プレイ人数:3〜6人
プレイ時間:30分程度

※制作はあのカナイセイジ氏!
『マギアレーナ』は、『R-rivals アールライバルズ』と同様、カナイセイジ氏の制作した作品で、ボードゲーム大国ドイツで行われるアナログゲームの祭典エッセンシュピールで入賞した『イカサマージ』というゲームをもとにしています。『イカサマージ』は、「イカサマ」+「マージ(魔法使い)」を組み合わせた造語で、いわば「イカサマをする魔法使い」ということになるでしょうか。『マギアレーナ』は、この『イカサマージ』をより遊びやすくリニューアルしたボードゲームとなります。

※魔法を駆使して一攫千金!

『マギアレーナ』は、さまざまな闘士やモンスターが戦いを繰り広げる闘技場が舞台。といってもプレイヤーが直接、闘うわけではありません。プレイヤーは魔法使いとなって、どの闘士が勝つか予想し、ギャンブルで一攫千金を目指すのです。

もちろんただのギャンブルではありません。プレイヤーは魔法使いですから、当然、魔法が使えます。この魔法を駆使して、自分の賭けた闘士を勝たせるために、さまざまなサポート(つまりイカサマ)を行うわけです。たとえば魔法で自分の賭けた闘士を強化したり、逆に他の魔法使いの邪魔をしたり。もちろんこれらはイカサマなので、審判にバレると罰が待っています。逆にいうと、審判にバレなければルール違反ではありません。また、他の魔法使いたちも同じように、自分の賭けた闘士を勝たせるために邪魔をしてきます。賭けに勝つためには、他の魔法使いが賭けた闘士を見破り、邪魔をする必要があります。自分の狙いは伏せ、邪魔されないように気をつけながら、他の闘士を邪魔できれば、大穴の闘士を勝たせることができるかもしれません。

こういった要素が巧みにルール上に反映され、たいへん戦略的なゲームとなっているのです。

Facebookコメント